不動産ニュース / 開発・分譲

2020/6/29

オープンH、杉並区で低層マンション

「オープンレジデンシア西荻窪」完成予想イラスト

 (株)オープンハウス・ディベロップメントは27日、分譲マンション「オープンレジデンシア西荻窪」(東京都杉並区、総戸数40戸)を発売した。

 JR中央線・総武線「西荻窪」駅徒歩4分に立地。商店街・スーパーのほか、レストランやカフェなどお洒落な店などが数多く点在する人気のエリア。

 建設地は第一種低層住居専用地域で、建物は鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建て。

 住戸は1K~3LDK、専有面積約25.52~70.42平方メートル。1期9戸(1K~3LDK、専有面積25.57~70.26平方メートル)の販売価格は3,180万~8,980万円。

 竣工は2021年8月下旬、入居は同年9月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフター/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/8

「記者の目」更新しました!

人とまちをつなぐ商店街の『寄合所』」配信しました!
国際観光都市として知られる岐阜県高山市だが、観光の目玉である「古いまち並み」に隣接する中心市街地の商店街は、空き店舗化が進んでいる。地域を盛り上げようと、地元のある不動産事業者が立ち上がった。