不動産ニュース / 開発・分譲

2020/7/9

阪急阪神不、物流施設ブランド「ロジスタ」に

「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」の完成予想図

 阪急阪神不動産(株)は9日、同社が国内で開発する物流施設のブランドを「ロジスタ」にすると発表した。同日、同ブランド2棟目となる「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」(大阪府茨木市)の概要も明らかにした。

 物流を意味する「LOGISTICS」と鉄道に関係する「STATION(駅)」を組み合わせた。現在、関西エリアで開発中の2物件に、同ブランドを冠する予定。初弾は「ロジスタ京都上鳥羽」(京都市南区)で、2020年7月末に竣工する予定で、すでに大和物流(株)の入居が決定済み。

 2棟目の「茨木彩都」は三菱地所(株)とのJVによるマルチテナント型物流施設で、名神高速道路「茨木IC」まで約2.5kmなど複数の高速道路インターや、主要幹線道路に近い物流ポテンシャルの高い立地。

 A棟・B棟の2棟構成で、A棟は敷地面積5万1,030.30平方メートル。柱が鉄筋コンクリート増、梁が鉄骨造の混構造を採用した地上5階建ての免震構造。延床面積は約11万6,000平方メートル。1~4階には1フロア当たり40台のトラックバースを設置。大空間を生かしたワンフロアオペレーションを実現する。21年5月末の竣工を予定。

 また、B棟は敷地面積1万5,892.28平方メートル、A棟と同じ混構造を採用した地上4階建て。延床面積は約3万1,000平方メートル。両面トラックバースによる高度な物流オペレーションが可能。21年4月末の竣工予定。

 A棟は三井倉庫ロジスティクス(株)が、B棟は(株)ロンコ・ジャパンがそれぞれ1棟一括で借り上げることが内定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。