不動産ニュース / ハウジング

2020/7/14

新しい生活様式に対応する新商品/積水化学

「レジリエンス 100S TAY&WORK モデル」(パルフェ-bjスタイル)イメージ

 積水化学工業(株)住宅カンパニーは18日より、新しい生活様式への対応力を高めた戸建住宅「レジリエンス 100 STAY&WORKモデル」を全国(北海道、沖縄等を除く)で発売する。

 人生100年時代に備えたレジリエンス機能に加え、家族が家で過ごす時間が増えたことに着目。その暮らしをより安心、快適で豊かなものするため、同社のアイテムを活用して、独自の新たな生活を提案する。

 感染予防のためのこまめな換気が求められる中、同社オリジナル換気・全室空調システム「快適エアリー」を標準採用。室内に高性能トリプルフィルターを通したきれいな空気を取り込み、かつ室外に空気を排出する際は熱換気を行なう。同システムは家中の温度差が少なくなるため、ヒートショックの抑制にもつながる。

 また、家族が安心して過ごせる住環境を提案する「ステイスタイル」として、玄関回りの提案を強化。玄関近くに手洗いを設置する他、帰宅後はコートやかばんを玄関近くに収納し、有害物質の持ち込みを抑制する。また、宅配ボックスや人感センサー照明等の非接触アイテム、抗菌加工を施した健康建材等を導入した。さらに半野外空間の「うちそとテラス」や、心地よいダイニングを提案することで、増えた家族時間を有意義に楽しめるような空間を提案する。

 テレワークが本格化する中、家で快適に仕事ができるような空間「マルチテレワーク」を提案。デスクの確保やオンライン会議のしやすさ等を解決すべく「オープン」「セミオープン」「クローズ」の3つのスペースを使い分け、限られた空間でマルチにワークスぺースを確保するためのプランニングを提案する。

 年間販売目標は300棟、モデルプラン(延床面積約164平方メートル)の販売価格は1坪当たり78万円台から。

マルチテレワークスペース

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。