不動産ニュース / 政策・制度

2020/7/21

幹部人事を発令/国交省

 国土交通省は幹部人事を発令した。21日付。

 住宅・不動産関係部署での人事異動は、以下の通り(かっこ内は前職、順不同、敬称略)。一部は14日付のニュースを参照。

【不動産・建設経済局】
不動産業課長=井﨑信也(住宅局住宅企画官)▽建設業課長=鎌原宜文(大臣官房付)▽地籍整備課長=佐々木 明徳(農林水産省農村振興局整備部付)▽情報活用推進課長=後沢彰宏(住宅局総務課民間事業支援調整室長)▽国際市場課長=中見大志(道路局道路交通管理課車両通行対策室長)▽総務課長=笠尾卓朗(警察庁交通局交通指導課長)▽参事官=倉石誠司(大臣官房人事課企画官)

【住宅局】
住宅企画官=高藤喜史(不動産・建設経済局地籍整備課長)▽住宅生産課長=石坂 聡(住宅局市街地建築課長)▽住宅生産課建築環境企画室長=村上慶裕(住宅局建築指導課建築安全調査室長)▽住宅総合整備課長=山下英和(住宅局市街地建築課市街地住宅整備室長)▽住宅総合整備課住環境整備室長=成田潤也(住宅局住宅生産課建築環境企画室長)▽市街地建築課長=宿本尚吾(住宅局住宅総合整備課住環境整備室長)▽市街地建築課市街地住宅整備室長=岸田 里佳子(都市局都市計画課土地利用調整官)▽建築指導課長=深井敦夫(住宅局住宅総合整備課長)▽建築指導課建築安全調査室長=田中政幸(住宅局建築指導課建築物認定調整官)▽総務課長=久保田 誉(大臣官房付)▽総務課民間事業支援調整室長=髙田 龍(道路局総務課企画官)

【都市局】
都市計画課長=堤 洋介(都市局まちづくり推進課長)▽都市計画課都市機能誘導調整室長=竹内重貴(大臣官房総務課企画官)▽都市政策課長=奥田誠子(不動産・建設経済局建設業課紛争調整官)▽まちづくり推進課長=光安達也(大臣官房付)▽市街地整備課長=菊池雅彦(国土政策局地方振興課長)▽公園緑地・景観課長=五十嵐 康之(都市局公園緑地・景観課緑地環境室長)▽都市局公園緑地・景観課緑地環境室長=鹿野 央(都市局都市計画課環境計画調整官)▽総務課長=倉野泰行(都市局都市政策課長)

【総合政策局】
政策課長=佐々木 正士郎(総合政策局社会資本整備政策課長)▽社会資本整備政策課長=須藤明夫(不動産・建設経済局不動産業課長(兼)不動産・建設経済局参事官)▽環境政策課長=松家新治(不動産・建設経済局情報活用推進課長)▽行政情報化推進課長=二俣芳美(大臣官房付)▽総務課長=小林 豊(自動車局総務課長)

【国土政策局】
地方振興課長=澁谷浩一(大臣官房付)▽総務課長(兼)国土政策局総合計画課長=筒井智紀(国土政策局総合計画課長)

【大臣官房】
人事課長=石原 大(大臣官房参事官(人事担当))▽大臣官房参事官(人事担当)=楠田幹人(都市局都市計画課長)▽会計課長=中田裕人(大臣官房参事官(会計担当))▽大臣官房参事官(会計担当)=大沼俊之(航空局航空ネットワーク部国際航空課長)▽総務課長(兼)大臣官房地方室長=高橋謙司(不動産・建設経済局建設業課長(兼)不動産・建設経済局国際市場課長)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。