不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/31

20年度の民間住宅投資、着工減の影響で1割減

 (一財)建設経済研究所と(一財)経済調査会 経済調査研究所は30日、「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(2020年7月)を公表した。20年1~3月期の国民経済計算(四半期別GDP速報)を踏まえ、20・21年度の建設経済を予測している。

 建設投資全体では、20年度が59兆7,100億円(前年度比3.4%減)、21年度が56兆2,500億円(同5.8%減)を見込む。20年度は、新型コロナウイルス感染症の影響等により、民間建設投資が減少すると見込まれる。21年度も、引き続き感染症の影響が続くとみられる。

 名目別に見ると、20年度の政府建設投資は22兆4,800億円(同2.8%増)。民間住宅投資は、住宅着工戸数が前年度比10.2%減となることから、15兆円(同10.2%減)と予測。民間非住宅建設投資は、着工床面積が同7.6%減となり、民間非住宅建築投資を同8.9%減、民間土木投資を同4.0%増と見込み、全体では16兆1,700億円(同4.7%減)と予測した。

 21年度は、政府建設投資が18兆5,700億円(同17.4%減)と、前年度を下回ると予測。民間住宅投資は、住宅着工戸数を同4.0%増と予測し、15兆5,000億円(同3.3%増)とした。民間非住宅建設投資は、着工床面積を前年度比2.9%減と予測。民間非住宅建築投資は同2.1%減、民間土木投資は同1.9%増で、全体では16兆600億円(同0.7%減)と予測している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。