不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/3

三井不、東京都心・近郊での農業事業に参入

 三井不動産(株)は1日、(有)ワールドファーム(茨城県つくば市、代表取締役:上野裕志氏)と共同で「三井不動産ワールドファーム(株)(MFWF)」を設立。東京都心近郊地域での農業事業に本格的に参入した。三井不動産のベンチャー共創事業の一環として推進していく。

 従業者の減少や高齢化、耕作放棄地の拡大、農地を多く抱える自治体の社会的費用増加や雇用創出ができないことによる若者の流出などの、問題の解決に向け、都心近郊地域において持続可能なスマート農業を展開することにより、農業の担い手を増やし、日本の農業振興および安全・安心の国産野菜の安定供給に貢献することを目指す。

 MFWFでは、ワールドファームが推進している生産・加工一体型の農業事業を展開。従業員が多能工として野菜の生産と工場での加工の両方を行なう生産・加工一体型経営により、人的資源の効率運用を展開していく。適材適所の人材配置と役割分担、業務フローの明確化を徹底することで、圃場の運営を複数人で組織的に行う集団農法によって高い生産性を実現。就労時間の明確化や労務管理の整備も徹底し、農業従事者が安心して働きやすい環境を提供。加工・業務用野菜の生産の限定や、テクノロジーを活用した高い生産性を確保していく。

 8~9月に栃木県芳賀町と茨城県筑西市周辺エリアにて約6haの圃場運営を順次開始。25年までに同エリアにて約100ha程度に事業規模を拡大し、将来的には大都市圏近郊地域にて3,000haまで圃場を拡大する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。