不動産ニュース / ハウジング

2020/8/13

無人内覧システム搭載で成約率が20%アップ

 ケイアイスター不動産(株)は、2019年にオープンした注文住宅「はなまるハウス」高崎展示場に無人内覧システムとチャットボット商談を活用した非接触型営業を導入。その結果、商談期間が約60%短縮し、成約率が20%上昇したと発表した。

 注文住宅は、住宅展示場来場から契約に至るまで、約1ヵ月ほどかかることが多く、また、営業社員による長時間の商談が顧客から避けられる傾向にある。

 そこで、同社は顧客に負担なく住宅購入を検討してもらえるよう、モデルハウスにIoT機器を導入。来場予約から退室、住宅購入に必要な情報収集のサポートに至るまでを無人対応としたところ、新型コロナウイルスの影響もあり、高い反響を得た。

 今後も非接触型営業の需要が増えると見込まれることから、同システムのバージョンアップおよび成約から引き渡しまでも非接触型営業を積極的に導入し、無人内覧システム搭載のモデルハウスのエリア拡大を図っていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。