不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/19

としまえん跡地にハリー・ポッター施設/西武鉄道他

「ワーナー ブラザーズ スタジオツアー東京-メイキング・オブ・ハリー・ポッター」イメージ

 西武鉄道(株)とワーナー ブラザーズ ジャパン合同会社、伊藤忠商事(株)、芙蓉総合リース(株)は18日、としまえん(東京都練馬区)遊園地内の一部敷地で映画「ハリー・ポッター」の体験型エンターテインメント施設「ワーナー ブラザーズ スタジオツアー東京-メイキング・オブ・ハリー・ポッター」(スタジオツアー東京)を開発すると発表した。

 としまえんは8月末に閉園予定で、跡地を含む区域は、東京都が段階的な公園の整備を計画している。「スタジオツアー東京」は公園整備のプロセスにあわせて建設。ロンドンに次ぐ開設となり、映画で使用された衣装や小道具などを室内展示する。

 施設面積は約3万平方メートルで、敷地内に設営する「サウンドステージ」と「バックロット」(屋外撮影用地)内の展示スペースに係る所要時間は約半日となる。

 2023年前半のオープンを予定している。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。