不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/16

オリックス不、強羅で2件目の新築温泉旅館

「箱根・強羅 佳ら久」外観
客室は全室露天風呂付き

 オリックス不動産(株)は16日、10月2日に開業する温泉旅館「箱根・強羅 佳ら久(からく)」(神奈川県足柄下郡、総客室数70室)を報道陣に公開した。

 箱根登山鉄道「強羅」駅徒歩3分に立地。建設地は企業の保養所跡地で2014年に取得。眺望や棟間の確保のため隣接地等も取得しており、敷地面積は約7,200平方メートル。建物は、地上3階地下2階建て2棟、地上2階地下1階建て、地上4階地下1階建ての4棟で構成。延床面積は約1万平方メートル。同社が開発から運営まで手掛ける温泉旅館では、17年開業の「箱根・芦ノ湖 はなをり」(神奈川県足柄下郡)に次ぐ2件目となる。

 館内には、2種類の展望露天風呂や3つの貸切風呂、2つのレストラン、ゲストラウンジ、テラス、スパなどをゆったりと配置。ゲストごとにスタッフが施設での「過ごし方」をヒアリングし、オーダーメイドのおもてなしを提供する。ソーシャルディスタンス確保のため、レストランはテーブル間隔を広げたほか、客室から付帯施設の予約や混雑状況を確認できるシステムも導入した。

 客室は全7タイプで、全室露天風呂付き。広さ約56平方メートル。客室内は和紙などの日本の伝統的な素材を使用し、強羅の自然風景を取り込んだ設え。相模湾までが見通せる眺望が味わえる東側の客室棟最上階の5室は室内グレードも高めた「佳ら久ルーム」とした。

 7月1日から予約受付を開始。宿泊料金は、1泊2食付き、2名1室で8万3,600~16万7,200円。客単価5万円台を目指す。同日会見した同施設支配人の藤井育郎氏は「当面の目標である稼働率50%はクリアできている。2つのレストラン、展望露天風呂など連泊でも館内でゆったりと楽しんでいただけると思う。お客さまの思い思いの過ごし方を実現するおもてなしをしていきたい」などと語った。
 また、運営を手掛けるオリックスホテル・マネジメント(株)取締役社長の似内隆晃氏は、稼働を再開した6月以降の稼働状況について「施設によってばらつきがあるが、旅館は50~60%、ホテルで20~30%まで回復してきた」とした上で「先行きの見通しがつかない中で、新規プロジェクトを進めるという判断はできない。ただ、国内だけでも一定の需要はある。それを見定めながら、今後どのようなポートフォリオを組んでいくかを考えていきたい」などと抱負を語った。

展望露天風呂は2つ。男女を昼夜入れ替え制として、1泊でも両方楽しめるようにした
貸し切り露天風呂はテーマ別に3つ用意。予約制で1時間5,000円

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。