不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/9/23

分配金は2,138円/IAL 20年7月期

 伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人は、2020年7月期決算を発表した。

 当期(20年2月1日~7月31日)は、営業収益23億9,900万円(前期比36.4%増)、営業利益11億9,300万円(同42.2%増)、経常利益10億4,700万円(同37.7%増)、当期純利益10億4,600万円(同37.8%増)、1口当たり分配金2,138円(同12円増)となった。

 期中2物件を取得。伊藤忠グループと連携し、適切な管理運営のもとに保有物件の着実な運用を行なった。期末保有物件数は9物件(取得価格合計841億円)、平均稼働率は99.9%。

 次期については、営業収益24億5,600万円、営業利益11億9,000万円、経常利益10億8,700万円、当期純利益10億8,600万円、1口当たり分配金2,236円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。