不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/9/23

RPA、AIで業務自動化、半年で2,000時間を削減/ケイアイS

 ケイアイスター不動産(株)は18日、BI(Business Intelligence)・RPA(Robotic Process Automation)・AI-OCR(Optical Character Reader)技術を活用し、新築戸建分譲事業において、2020年2~7月の半年間で2,000時間以上の工数削減に成功したと発表した。

 同社はIT成長戦略として、「高回転経営:AI、BI、RPAを活用したデータドリブン経営による在庫回転率、生産性向上」を掲げ、19年7月に専門部署を新設。新築戸建分譲事業においては、管理データの情報量が多大であることから集計・分析に労力が掛かっていたおり、販売棟数の増加に伴う作業量の増加による人手不足も課題となっていた。
 そうした課題の解決のため、企業内に蓄積された膨大なデータを収集・分析し、迅速な意思決定を補助するツールであるBI、コンピュータ上で行なわれる業務プロセスを自動化するRPA、紙媒体のデータをテキストデータに変換するAI-OCR技術による徹底した可視化・自動化を実現し、同事業における戦略立案やその実行管理のスピードと生産性向上を重点施策とし、システムの運用を進めてきた。

 RPAにより、従来手作業で行なっていた業務を自動化したほか、設計部門における確認申請などの工程管理のデータ化・問題の可視化を実施。半年で2,000時間以上の工数削減を可能とした。
 BIは、用地仕入状況・建築工期日数・販売状況など日々変化する情報をリアルタイムで可視化するデータ分析プラットフォームを導入。事業計画および用地仕入れ~販売までの在庫回転日数や売上実績を可視化し、戦略立案・推進を効率的に実行できるようにした。
 また、AI-OCR技術により、請求書やアンケート等のデータ入力が自動化され、半年で324時間の作業時間を短縮した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。