不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/9/30

不動産女性塾が8ヵ月ぶりセミナー開催

50名限定、三密を避け8ヵ月ぶりに開催された女性塾
「不動産業は交流に基づく仕事。女性塾を通して、どんどん人脈を深めていってほしい」と話した北澤塾長

 不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する(一社)不動産女性塾(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長・北澤艶子氏)は29日、明治記念館(東京都港区)でセミナーを開催した。

 冒頭、北澤塾長は「今年1月の新春セミナーから8ヵ月ぶりに女性塾を開催することができ、皆の元気な顔が見られてうれしい限り。これまで23回のセミナーを実施してきたが、参加者間で交流の輪が広がり、新たなビジネスにつながったケースもあると聞いている。不動産業は交流に基づく仕事。女性塾を通して、どんどん人脈を深めていってほしい」と挨拶。

 セミナーでは、消費者庁長官の伊藤明子氏が「消費者目線での経営を考える」をテーマに講演。「デジタル化の進展や電子商取引の拡大、自然災害の激甚化・多発化、新型コロナウイルス感染症の拡大等により、社会情勢は刻々と変化している」と、消費者の現状について言及。そうした中、「地域の見守りネットワークと連動して消費者の安全・安心を確保することが大切。また、事業者との協働により“だまされない消費者”“自分で考える消費者”になることを目指していただきたい」と話した。新型コロナウイルス関連では、予防効果等を標榜する不当表示への対応や、消毒・除菌商品に対する表示規制等について説明。「新しい生活様式」における消費者向け留意事項を示し、「災害に便乗した悪質商法や、住宅リフォームの悪質な点検商法には十分に注意を」と呼びかけた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。