不動産ニュース / その他

2020/9/30

高齢者住宅協、住生活基本計画見直しへ要望

 (一社)高齢者住宅協会は29日、「サービス付き高齢者向け住宅供給促進税制及び整備事業に関する要望書」「住生活基本計画(全国計画)の見直しに関する要望書」を国土交通省に提出したと発表した。

 サ高住の新築または取得した場合の固定資産税の減額、不動産取得税の軽減措置について、令和2年度が期限となっている。それらに対し、整備事業の継続と供給促進税制の延長についての要望をとりまとめ提出。併せて、住生活基本計画(全国計画)の見直しについての要望を提出した。

 サ高住は、一般的な賃貸住宅等の建築と比較して経営が厳しい等を理由に供給が進まないことから、(1)「サービス付き高齢者向け住宅供給促進税制」について令和3年度以降も延長すること、(2)「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」について令和3年度以降も継続することを求めた。

 住生活基本計画の見直しについては、高齢期に早めの自宅改修や住み替え等を促す環境整備、および良好な温熱環境やバリアフリー性能等を備えた住宅整備が必要であるとし、(1)高齢期の居住の場の整備の促進、(2)高齢期の居住の場の選択の支援を要望した。
 (1)では、「高齢者が居住する住宅ストックの建て替え・性能向上改修の促進」「次世代住宅ストックの性能向上の促進」「サービス付き高齢者向け住宅の整備の促進」「多様な高齢者向け住宅の整備の促進と見守り機能の充実」「超高齢・人口減少社会に対応したまちづくり」を提案。(2)では、「高齢期の住まいの選択に係る情報発信・啓発活動の拡充」「高齢期の住まいの選択に係る総合相談の拡充」と具体的に示した。

この記事の用語

住生活基本計画

住生活の安定の確保及び向上の促進に関する基本的な計画で、全国計画と都道府県計画がある。住生活基本法に基づき、全国計画は政府が、都道府県計画は都道府県が策定する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。