バリアフリーの記事一覧

2022/2/17

不動産ニュース 2022/2/17

いわき駅前の再開発事業を着工/フージャース他

いわき駅並木通り地区市街地再開発組合と、参加組合員である(株)フージャースコーポレーション、(株)日本エスコンの2社は16日、「いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業」(並木の杜シティ)の着工を発表した。同プロジェクトは、総事業敷地面積約1...

2021/6/24

不動産ニュース 2021/6/24

要除却認定基準の概要についてパブコメ

国土交通省は24日、マンションの老朽化等に関する基準の改正概要について、パブリックコメント(意見募集)を開始した。「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」の改正により、老朽化したマンションなど、要除却認定の対象となるマンションの類型が拡充さ...

2021/2/9

不動産ニュース 2021/2/9

団地再生の実現目指し、産学一体で共同研究

九州大学大学院芸術工学研究院、NTTアーバンソリューションズ(株)、西部ガス(株)は8日、都市型集住環境の再構築を目指し、共同研究を開始したと発表した。国内に5,000近く存在する都市型集合住宅(団地)は、現代の生活スタイルやバリアフリーに対応...

2020/9/30

不動産ニュース 2020/9/30

高齢者住宅協、住生活基本計画見直しへ要望

(一社)高齢者住宅協会は29日、「サービス付き高齢者向け住宅供給促進税制及び整備事業に関する要望書」「住生活基本計画(全国計画)の見直しに関する要望書」を国土交通省に提出したと発表した。サ高住の新築または取得した場合の固定資産税の減額、不動産取...

2020/8/12

不動産ニュース 2020/8/12

月島の市街地再開発組合設立を認可/東京都

東京都はこのほど、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、東京都市計画事業 月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業における「月島三丁目北地区市街地再開発組合」(東京都中央区)の設立を認可した。地区面積は1.5ha、施行地区は東京都月島三丁目地...

2020/7/22

2020/1/31

不動産ニュース 2020/1/31

高齢者世帯のバリアフリー化率は42.4%

総務省は31日、「平成30年住宅・土地統計調査」のうち、「住宅の構造等に関する集計」の結果(確定値)を公表した。住生活関連諸施策の基礎資料とするため、1948年以来5年ごとに行なっている調査で、今回が15回目。

2019/7/22

不動産ニュース 2019/7/22

セキスイハイム、実邸リフォームしモデルハウスに

セキスイファミエス九州(株)は20日、「リアルサイズのリフォーム」を体感できるモデルハウス「セキスイファミエスギャラリー福岡」(福岡県大野城市)をオープンした。同モデルハウスは、築25年のセキスイハイムの実邸を同社が買い取り、全面リフォームした...

2019/2/27

2018/10/31

不動産ニュース 2018/10/31

明石・JT跡地の開発事業者に選定/関電不他

関電不動産開発(株)、三菱地所レジデンス(株)、JR西日本不動産開発(株)、住友林業(株)で構成するグループは、明石市が実施した「JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル」に応募。優先交渉権者に選定され、明石市と土地売買仮契約書および基本協定書を...

  1. 1
  2. 2

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。