不動産ニュース / その他

2023/8/25

適正評価認定に係るインセンティブ等を要望

 (一社)マンション管理業協会は、「マンションの適正な管理を確保するための方策に関する要望」を、23日に国土交通大臣に提出したと発表した。

 国の管理計画認定マンションで長寿命化に資する大規模修繕工事が実施された場合、固定資産税額を減額する特例措置が創設されている。同協会で行なう評価制度においても、一定の評価を受けたマンションのインセンティブ(税制改正、金融支援等)として、制度の対象の拡充を検討するよう要望した。

 また、(独)住宅金融支援機構によるマンション共用部分リフォーム融資(高齢者向け返済特例)、および部分的バリアフリー工事やヒートショック対策工事を行なう際のリフォーム融資(高齢者向け返済特例)における優遇措置も盛り込んだ。

 併せて、適正な管理組合運営を担保するための法関連の見直しについても要望。マンション標準管理規約の改訂と、分譲マンションにおける管理員配置義務の緩和を求めた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。