不動産ニュース / 開発・分譲

2024/3/25

神奈川・海老名に「自然とつながる」物流施設

「MFLP海老名南」の外観
1階に整備したラウンジスペース

 三井不動産(株)は25日、物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)海老名南」(神奈川県海老名市)を31日に竣工すると発表した。3PL事業を手掛ける日本ロジテム(株)による1棟賃借が決定済み。

 JR相模線「門沢橋」駅まで約2.0km。圏央道「寒川北」ICまで約4.2km、東名高速「厚木」ICまで約5.2kmと、広域物流の拠点として期待できる立地に開発した。敷地面積は1万8,110平方メートルで、建物は鉄骨造4階建て、延床面積は3万7,470平方メートル。1階トラックバースは45ftコンテナ車両に対応し、倉庫の積載荷重は1平方メートル当たり2.0tと、幅広い保管需要を吸収する。72時間対応の非常用発電など、BCP対応も充実させた。

 環境対応の充実が特徴の一つ。屋上には約750kWの太陽光パネルを設置。発電した電力は施設内で使用し、余剰電力は蓄電池型超急速EV充電器の導入により有効活用するだけでなく、MFLPでは初となる部への売電も予定する。さらに、屋内照明はLED化し、ZEB認証やDBJグリーンビルディング認証の4つ星の取得も予定しており、MFLPとしては3施設目となる「グリーンエネルギー倉庫」とする。

 また、自然とのつながりが疲労感やストレスを低減し、創造性や生産性・幸福度を上昇させるという考えに基づく「バイオフィリックデザイン」を採用。MFLPでは初の「バイオフィリック ロジスティクス センター」として運用していく。施設内には水景やカウンターテーブルを設え、居心地のよくリラックスできるラウンジや、保全した約3,000平方メートルの既存樹林地につながる屋外テラスなどを整備。エントランスや廊下はアロマディフューザーによる空間演出も行なっている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。