不動産ニュース / その他

2020/10/12

レオパレス、管理物件で「置き配」環境を整備

 (株)レオパレス21は12日、Yper(株)が提供する置き配バック「OKIPPA(オキッパ)」を管理物件の推奨宅配ボックスとして採用したと発表した。

 同商品は、ポリエステル製で使用時以外は手のひらサイズに折りたたんでおけるバック型の簡易宅配ボックス。工事不要で設置でき、常設していても場所を取らない。盗難防止や個人情報漏洩対策として、2種類の鍵がかけられるようになっており、スマートフォン用の「OKIPPAアプリ」を使い、荷物の配送完了通知を受け取れるほか、盗難補償保険にも加入できる。定価3,980円。

 新型コロナウイルス感染症対策およびテレワーク時の利便性のため、荷物の非対面受け取りニーズが高まっている。通販サイトや配送会社も置き配を進める一方、置き配の盗難が増加していることから、置き配でもセキュリティ性が確保できる同商品の採用を決めた。

 レオパレス21の管理物件の入居者は、特典としてOKIPPAバックを定価の5%引きで購入できる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。