不動産ニュース

2020/10/14

愛知の大型分譲地がまちびらき/PLT

シンボルツリーを囲む「MIYOSHI MIRAITO」のまち並み

 プライム ライフ テクノロジーズ(株)(以下、「PLF」)は14日、設立後初めてとなる共同大型分譲地「MIYOSHI MIRAITO」(愛知県みよし市、総区画数288区画)のまちびらきを発表した。

 名鉄豊田線「黒笹」駅徒歩8分、愛知大学名古屋キャンパス跡地の高台に位置する。開発面積19万8,926.34平方メートル。トヨタホーム(株)が中心となり、パナソニック ホームズ(株)、ミサワホーム(株)らが参画。

 まち全体の約3割を森林として残し、既存の樹木の保全や生物多様性の創出など、自然と共生する豊かな暮らしを実現。災害時は、まちの中心に置いたコミュニティハウス(スマート防災センター「MORIZONO HOUSE」)が一定期間エネルギーを自給できる防災拠点となり、周囲の戸建てと連携してコミュニティZEHを形成する。
 住宅内には、自然災害やコロナ禍による住まいの役割の変化に対応し、トヨタ自動車と連携した非常時給電システムと、パナソニックの技術を活用した天井埋込形ナノイーX発生機の2アイテムを採用している。

 まちびらきでは、「MORIZONO HOUSE」を公開。平時は料理教室やパーティを楽しめるコミュニティスペースとして活用しており、災害時にはV2Hや防災水槽、「プリウス」の使用済み車載バッテリーを再利用した「スマートグリーンバッテリー」、防災備蓄庫などを装備しているため、一定期間エネルギーが自給できる自立型防災センターとして機能する。また、一部の街区においてZEH+性能を有する住宅各戸とEVで電力融通できる仕組みを構築し、政府の「コミュニティZEHによるレジリエンス強化事業」に認定された。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。