不動産ニュース / 政策・制度

2020/10/14

サブリース規制のガイドライン、16日に公表

 国土交通省は14日、「賃貸住宅管理業法の施行に向けた検討会」(座長:中城康彦明海大学不動産学部学部長)の2回目となる会合を開き、12月15日施行となる同法のサブリース関連規制に係るガイドライン(「サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン」)を16日に公表すると発表した。会合では、その最終とりまとめに向け議論した。

 ガイドラインは、同法が禁じるサブリース事業者(特定転貸事業者)が賃貸住宅オーナーを勧誘する際の「誇大広告」や「不当勧誘」についての考え方や基準、行為規制の対象となる「勧誘者」の考え方、サブリース契約前の重要事項説明や書面交付について具体的に示したもので、同検討会のワーキンググループにより検討が進められていた。

 会合に先立ち挨拶した同省不動産・建設経済局長の青木由行氏は「多くの優良事業者が、ガイドラインに沿って適正な管理・維持を行ない、それが適正なフィーにつながるよう、健全なサブリース市場の形成につなげたい。ガイドラインによって、国民から信頼される健全なビジネスを展開していただきたい」などと抱負を述べた。

この記事の用語

サブリース

賃借人が第三者にさらに賃貸することであるが、特に、住宅の管理を手がける事業者が賃貸住宅の所有者から住宅を一括して賃借し、それを入居者にさらに賃貸するという賃貸住宅経営の方法をいうことが多い。この場合、一括して賃借する事業者を、サブリース事業者または特定転貸事業者という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。