不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/14

岐阜で県内最大規模のタワマン/大京、大和ハ

「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」外観イメージ

 (株)大京と大和ハウス工業(株)は14日、「髙島屋南地区第一種市街地再開発事業」において建設中の分譲マンションの名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」(岐阜県岐阜市、総戸数335戸)に決定したと発表した。

 名鉄名古屋本線「名鉄岐阜」駅徒歩11分、JR東海道本線「岐阜」駅徒歩13分に立地。同再開発事業は、髙島屋南市街地再開発組合が施行者として、岐阜市柳ケ瀬の南玄関口で推進。「岐阜市中心市街地活性化基本計画」に位置付けられている。再開発するビルは、8月に「柳ケ瀬グラッスル35」と名称決定。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・地上35階地下1階建てで、1~2階が商業施設、3~4階は岐阜市が整備する公益的施設(健康・運動施設、子育て支援施設)となる。
 「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は、同ビルの5~35階に位置。

 高層部分は縦ラインを強調し、岐阜城の色彩を意識した外観デザインに。共用施設として、25階に岐阜市内を一望できるスカイラウンジを設けた。「岐阜県防犯優良認定マンション」に認定されており、大京オリジナルのセキュリティシステムも導入している。

 住戸の専有面積は46.90~156.32平方メートル、間取りは1LDK~4LDK。約60タイプの間取りを用意しており、100平方メートル超の住戸を6戸設けた。

 2021年1月下旬にモデルルーム案内を開始、3月中旬から販売開始。竣工は22年度の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

タワーマンション

超高層の集合住宅をいう。そのかたちが塔(タワー)に似ていることから名づけられたが、タワーマンションは和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。