市街地再開発事業の一覧

2019/4/19

不動産ニュース 2019/4/19

西麻布の市街地再開発が都市計画決定

野村不動産(株)、(株)ケン・コーポレーション、(株)竹中工務店が事業協力者として参画する「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発」(東京都港区)が19日、港区から都市計画決定を受けた。同事業は、東京メトロ日比谷線「六本木」駅から約300mに位...

2019/4/17

不動産ニュース 2019/4/17

野村不、東池袋の再開発マンションを竣工

野村不動産(株)は17日、参加組合員として参画した東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業「プラウドタワー東池袋」(東京都豊島区、総戸数132戸)の竣工を発表した。同エリアは、昭和初期にまち並みが形成され、老朽化した木造住宅が密集していた地域で、...

2019/4/16

不動産ニュース 2019/4/16

秋田駅前でCCRC拠点となる分譲M

(株)大京、秋田不動産サービス(株)、ミサワホーム(株)、は16日、「秋田版CCRC拠点整備事業(中通二丁目地区優良建築物等整備事業)」内の分譲マンション「クロッセ秋田」(秋田県秋田市、総戸数60戸)を販売すると発表。「秋田版CCRC拠点整備事...

2019/4/10

2019/4/5

不動産ニュース 2019/4/5

MM21で大規模複合ビル/鹿島建設他

鹿島建設(株)、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険(株)は3社共同で開発する「みなとみらい21中央地区58街区」(横浜市西区)を着工。開発するビル名を「横濱ゲートタワー」に決定した。

2019/4/1

不動産ニュース 2019/4/1

岡山駅前再開発で都市計画が決定/野村不他

野村不動産(株)は3月29日、同社が代表企業としてJR西日本不動産開発(株)、(株)奥村組と共に参画する「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」が都市計画の告示を受けたと発表した。同地区は、国の定める「都市再生緊急整備地域」...

2019/3/27

不動産ニュース 2019/3/27

四谷駅前地区再開発事業の名称を発表/UR他

(独)都市再生機構(UR都市機構)、三菱地所(株)、第5メック都市開発特定目的会社、四谷駅前地区再開発協議会は27日、開発を進めている「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」の地区名称を「CO・MO・RE YOTSUYA(コモレ四谷)」に決定した...

不動産ニュース 2019/3/27

金沢で市街地再開発事業に参画/野村不

野村不動産(株)は、金沢市内の中心市街地で市街地再開発事業の検討を進めている「片町四番組海側地区市街地再開発準備組合」と事業協力に関する協定書を締結。「片町四番組海側地区市街地再開発事業」の事業化を目指し参画を決定した。

2019/3/26

不動産ニュース 2019/3/26

虎ノ門で市街地再開発/新日鉄興和不他

新日鉄興和不動産(株)、第一生命保険(株)、関電不動産開発(株)、東京ガス都市開発(株)、九州旅客鉄道(株)、大成建設(株)の6社は、(独)都市再生機構が実施する「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)の保留床取得者に決定した。...

2019/3/25

不動産ニュース 2019/3/25

新幹線開業に合わせ諫早駅前でマンション開発

(株)大京はこのほど、「ライオンズ諫早ステーションスクエア」(長崎県諫早市、総戸数105戸)に着工した。2022年予定の九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)開業に合わせ、同市が15年より推進している、同県初の新幹線停車駅周辺市街地再開発事業「諫...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。