市街地再開発事業の一覧

2019/2/14

2019/2/12

不動産ニュース 2019/2/12

広島駅前の複合施設、4月に開業/大和

大和ハウス工業(株)は12日、広島市東区で開発中の複合施設の名称を「GRANODE(グラノード)広島」とし、4月1日にオープンすると発表した。JR「広島」駅北口の再開発街区、「二葉の里5街区」で開発を進めているもの。

2019/1/31

不動産ニュース 2019/1/31

竹芝地区開発にSBが本社移転/東急不

東急不動産(株)は29日、現在開発を進めている「(仮称)竹芝地区開発計画」(東京都港区)内のオフィスビルに、ソフトバンクグループ(株)(SBG)とソフトバンク(株)(SB)が2020年度中に本社を移転すると発表した。同開発計画は、東京都の「都市...

2019/1/28

不動産ニュース 2019/1/28

高松で分譲と子育て施設の複合開発/阪急阪神不

阪急阪神不動産(株)は28日、四国旅客鉄道(株)(JR四国)と共同で、香川県高松市において分譲マンションと子育て支援施設の複合施設を整備すると発表した。同市は、JR四国や四国電力(株)といった四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社が置か...

2019/1/23

不動産ニュース 2019/1/23

北千住の再開発タワマン販売/地所レジ他

三菱地所レジデンス(株)は、三菱倉庫(株)、杉本興業(株)と共に開発を進めるタワーマンション「千住ザ・タワー」(東京都足立区、総戸数184戸)のモデルルームを26日にグランドオープン。3月上旬より、第1期販売を開始する。

2019/1/18

不動産ニュース 2019/1/18

東建、東京駅前に地上50階建て複合ビル

東京建物(株)は、「東京駅前八重洲一丁目東地区第一種市街地再開発事業」のB地区について、東京都知事から組合設立の認可を受け、市街地再開発組合が設立されたと発表した。計画地は、「東京」駅前に位置し、地下鉄「日本橋」駅や「京橋」駅などにも近接。

2019/1/16

不動産ニュース 2019/1/16

本厚木駅直結のタワマン販売/地所レジ他

三菱地所レジデンス(株)は、(株)フージャースコーポレーションと共同で開発している分譲マンション「ザ・パークハウス 本厚木タワー」(神奈川県厚木市、総戸数163戸)のモデルルームを19日にオープン。2月中旬から、1期分譲を開始する。

2019/1/7

不動産ニュース 2019/1/7

金町駅前再開発を着工/野村不

野村不動産(株)は、参加組合員として参画する「金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(東京都葛飾区、総戸数190戸)を着工した。駅前広場との一体整備による地区内の環境改善および免震構造の採用による防災性の向上に寄与する事業で、住宅のほか、地...

2018/12/25

不動産ニュース 2018/12/25

戸越公園駅前再開発で23階建てタワマン

三菱地所レジデンス(株)、大成建設(株)、東京急行電鉄(株)、(一財)首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産(株)が参画する「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合が発足した。21日に東京都知事より設立認可を受けた。

2018/12/19

不動産ニュース 2018/12/19

東急不、渋谷桜丘地区再開発の事業協力者に

東急不動産(株)は14日、ネクスト渋谷桜丘地区再開発準備組合(理事長:木津秀幸氏)と「ネクスト渋谷桜丘地区市街地再開発事業 事業協力に関する協定書」を締結した。同事業は東京都渋谷区桜丘町の一部、約2.1haを対象とする市街地再開発事業で、「渋谷...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。