ムック本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」を発刊しました!!

市街地再開発事業の不動産ニュース一覧

2019/7/5

不動産ニュース 2019/7/5

渋谷スクランブルスクエア、11月1日に開業

東京急行電鉄(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)は4日、「渋谷」駅直結・直上で開発を進める「渋谷スクランブルスクエア」のI期(東棟)の開業日を11月1日とすると発表。商業施設のテナントも明らかにした。

不動産ニュース 2019/7/5

垂水駅前の再開発事業が都市計画決定

野村不動産(株)が事業協力者として参画している「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」(神戸市垂水区)が、神戸市から都市計画決定を告示された。同事業は、JR・山陽電鉄「垂水」駅北側に位置。

2019/7/4

2019/6/27

不動産ニュース 2019/6/27

「歩きたくなるまちなか」形成を提言

国土交通省は26日、「都市の多様性とイノベーションの創出に関する懇談会」(座長:浅見泰司東京大学大学院工学系研究科教授)の中間とりまとめ案を発表した。同懇談会は、2019年2月から女性の活躍やスタートアップ支援などの都市の「多様性」と、それら多...

不動産ニュース 2019/6/27

新今宮に外国人向け就労トレーニング施設

南海電気鉄道(株)は、外国人向け就労インバウンドトレーニング施設「YOLO BASE」(大阪市浪速区)を、9月28日に開業する。南海電鉄・JR「新今宮」駅から徒歩2分に位置する、「もと馬淵生活館・もと馬淵生活館保育所」跡地の再開発。

2019/6/21

不動産ニュース 2019/6/21

宮城県大崎市で市街地再開発に参画/タカラL

(株)タカラレーベン東北、(株)橋本店、(株)村田工務所の3社で構成する七日町再開発共同企業体は21日、古川七日町西地区市街地再開発組合と、特定業務代行契約を締結。「大崎市古川七日町西地区第一種市街地再開発事業」(宮城県大崎市)において分譲マン...

2019/6/14

不動産ニュース 2019/6/14

ブランズタワー豊洲、100平米以上が90戸超

東急不動産(株)は14日、ブランド最大戸数となる「ブランズタワー豊洲」(東京都江東区、総戸数1,152戸)のマンションギャラリーを7月下旬にオープンする。(株)NIPPO、大成有楽不動産(株)、JR西日本プロパティーズ(株)と共同で開発。

2019/6/7

不動産ニュース 2019/6/7

板橋・大山の市街地再開発組合が設立/住友不

住友不動産(株)、(株)フージャースコーポレーションは7日、事業推進してきた「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業」(東京都板橋区)が再開発組合設立の認可を受けたと発表。正式に参加組合員として事業参画する。

2019/6/4

不動産ニュース 2019/6/4

立石駅南口の再開発が都市計画決定

野村不動産(株)と阪急阪神不動産(株)が参加組合員予定者として参画する「立石駅南口東地区第一種市街地再開発事業」(東京都葛飾区)が3日、都市計画決定された。同事業は、京成電鉄押上線「京成立石」駅周辺の連続立体交差事業に伴う再開発事業の一つで、施...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
 
日々の実務に役立つ情報満載です

このほど策定された「不動産ビジョン2030」。不動産業界が向かうべき方向性とはいったい?既に「不動産最適活用」に取り組む、流通・仲介・管理など各分野の事業者を取材し、今後必要となる経営戦略を探りました
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。