市街地再開発事業の記事一覧

2024/2/21

不動産ニュース 2024/2/21

品川駅前の市街地再開発組合設立を認可/東京都

東京都は19日、「高輪三丁目品川駅前地区市街地再開発組合」の設立を認可したと発表した。国道拡幅への対応や歩行者ネットワーク整備等の公共施設整備と併せて、土地利用転換を促進し合理的かつ健全で高度な土地利用と都市機能の更新を目指すもの。

2024/2/14

不動産ニュース 2024/2/14

岡山初・県内最大級の「プラウド」/野村不他

野村不動産(株)は14日、JR西日本不動産開発(株)と共に参加組合員として進めている「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」の住宅棟「プラウドタワー岡山」(岡山市北区、総戸数422戸、うち分譲戸数367戸)の概要を発表した。...

2024/2/9

不動産ニュース 2024/2/9

白金高輪エリアで大規模複合再開発/東急不他

東急不動産(株)、大成建設(株)、三井不動産レジデンシャル(株)、大成有楽不動産(株)、日本郵政不動産(株)は9日、参加組合員として参画している「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」において、東京都知事より権利変換計画の認可を受けたと発...

2024/2/7

不動産ニュース 2024/2/7

ミサワ他、「三島」駅前の再開発を今春着工

ミサワホーム(株)らを参加組合員とする三島駅南口東街区A地区市街地再開発組合は6日、「三島駅南口東街区A地区第一種市街地再開発事業」(静岡県三島市)の解体・着工を前に安全祈願祭を執り行なった。同再開発事業は、1987年頃から事業検討を開始したが...

2024/2/1

不動産ニュース 2024/2/1

赤羽駅前で約270戸の住宅含む再開発/野村不他

野村不動産(株)と丸紅都市開発(株)は1日、「赤羽一丁目第一地区第一種市街地再開発事業」(東京都北区)について、1月31日付で東京都より市街地再開発組合設立に関する認可を受けたと発表した。両社は参加組合員として事業に参画する。

2024/1/29

不動産ニュース 2024/1/29

「札幌」駅前の市街地再開発で組合設立/平和不他

平和不動産(株)、ダイビル(株)、中央日本土地建物(株)などが事業参画する「札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」が26日、札幌市より組合設立の認可を受け「札幌駅南口北4西3地区市街地再開発組合」が設立された。開発地は、JR「札幌」駅南...

2024/1/22

2024/1/18

不動産ニュース 2024/1/18

日鉄興和不他、品川浦周辺市街地再開発事業に参画

日鉄興和不動産(株)、三菱地所(株)、三菱地所レジデンス(株)は16日、東京都内の再開発事業の事業協力者として、品川浦周辺地区再開発協議会の支援パートナー企業をはじめとする計13社(※)が選定されたと発表した。計画地は、京浜急行電鉄本線「北品川...

不動産ニュース 2024/1/18

横浜駅再開発事業の複合施設、6月に開業

(株)相鉄アーバンクリエイツと東急(株)は18日、横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合が施行する「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の施設建築物「THE YOKOHAMA FRONT」の最上階に複合施設「Vlag yokohama...

2024/1/16

不動産ニュース 2024/1/16

三菱地所、渋谷駅直結の大規模再開発を着工

三菱地所(株)は16日、同社が組合員として参加する「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」(東京都渋谷区)が、地下解体工事および新築工事を着工したと発表した。同事業は、新大宗特定目的会社をはじめとする地元権利者が中心となり進めてきたもの。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。