不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/4

中国での住宅販売、2万5,000戸超に/東京建物

「(仮称)徐州城北プロジェクト」完成予想CG
「(仮称)揚州城西プロジェクト」完成予想CG

 東京建物(株)は4日、中国で推進している住宅開発事業の進捗について公表した。

 2005年、中国の大手上場不動産会社である万科企業の傘下企業、上海万科企業有限公司と共同で、分譲マンションプロジェクト「上海・紅郡プロジェクト」を実施。06年には上海に現地法人「東京建物(上海)房地産諮詢有限公司」を開業、万科グループと共同で住宅開発事業を中心とした不動産事業を進めている。

 現在中国で9案件の住宅開発事業を推進中で、これらが完成すると、05年の中国での開発事業開始以降の住宅供給戸数累計は2万5,267件となり、日系企業としては最多戸数を達成するという。

 現在販売中のプロジェクトが2件あり、「(仮称)徐州城北プロジェクト」(江蘇省徐州市、鉄筋コンクリート造地上18階地下1階建て、総販売戸数約1,500戸)は、9月末時点で、供給済み住戸448戸中426戸の登録申し込みを得た。また江蘇省揚州市の「(仮称)揚州城西プロジェクト」(同)は、9月末時点で同じく394戸中389戸の登録申し込みを受けている。

 今後も万科企業と住宅事業を中核に中国における不動産事業の拡大を進めていくと共に、アジア諸国をメインに、分譲マンション等の短期回転型を中心に事業の獲得に努めていく計画。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?