不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/6

オープンH、新たな間取りLDK+Workを考案

「セミオープン」タイプのワークスペースイメージ

 (株)オープンハウス・アーキテクトは5日、新たな住居構想「LWDK」を発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大によってテレワークが普及したものの、「オン・オフの切り替えがしづらい」などといった不満の声も少なくない。そこで、これまでの「LDK」を基本形とした間取り設計に、リモートワークやSOHOに対応する「W(ワークスペース)」の要素を加えた考え方として提案する。

 居住者のライフスタイルに合わせ、オープンタイプ、セミオープンタイプのワークスペースを用意。さらに完全個室タイプの仕切られた小部屋としてプライベートタイプのワークスペースも提案する。

 これらに加え、テレワークに関する悩みごとを解決するコンセプト商材もラインアップ。間取りについては空間の一角をワークスペースにするカウンターデスクや、収納スペースを活用したパントリーデスクといった、働き方に合わせた仕事デスクのアイディアを用意。このほか、音の問題や電気配線などの問題を解決する、さまざまな商材を提案する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。