不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/17

インドネシアでサービスアパートメント開発

サービスアパートメント外観イメージ

 大和ハウス工業(株)と双日(株)は、双日グループがインドネシア西ジャワ州ブカシ県で開発・運営を行なう総合都市「デルタマス・シティ」内において、駐在員向けのサービスアパートメント「via alma-KOTA DELTAMAS-(ヴィア アルマ-コタ デルタマス-)」(総戸数148戸)を2021年8月に開業する。

 「デルタマス・シティ」は、約3,200haに及ぶ大規模複合開発。首都ジャカルタから東へ約40km、インドネシアに進出する日系企業の半数である約900社が集積するブカシ県、カラワン県の中核に位置する。19年4月に在インドネシア日本国大使館付属のチカラン日本人学校(小学部・中学部)が開校し、現在、官民合同でのスマートシティに関わる調査が進められるなど、今後も発展が期待されるエリア。

 サービスアパートメントは、日本人学校の隣接地に開発する。敷地面積1万1,000平方メートル、延床面積1万9,866.25平方メートル、鉄筋コンクリート造地上9階建て。間取りは1LDK~3LDK。日本式ユニットバスの導入など日本仕様で造り込んだ居住空間を提供する。共用部には、テニスコート、フットサルコート、プール、ジム、キッズルーム、ピアノ・楽器ルーム等を設ける予定。日本語対応・24時間体制の有人管理とする。

 また、隣接する日本人学校へは専用通学路を設け、徒歩通学ができる環境を整える。また、物件内に店舗区画を設け、日系のクリニック、進学塾、幼稚園などを誘致する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

サービスアパートメント

日常生活に必要な設備・サービスを備えた賃貸住宅。和製英語。家具、食器などが備えられているほか、リネン類の交換などのサービスが提供されることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。