不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/19

業況指数、流通は6期連続のマイナス水準

 (一財)土地総合研究所は19日、四半期ごとに実施している「不動産業業況等調査」の結果を発表した(2020年10月1日時点)。経営状況および3ヵ月後の経営見通しについて、業種ごとに不動産業業況指数を算出したもの。回答数は112社。

 不動産業業況指数は、住宅・宅地分譲業がマイナス4.8(前回調査比5.9ポイント上昇)。不動産流通業(住宅地)はマイナス25.0(同15.0ポイント上昇)と、6期連続でのマイナス水準。ビル賃貸業はマイナス18.5(同20.6ポイント下落)と、27期ぶりにマイナス水準となった。

 業種別では、住宅・宅地分譲業の用地取得件数はマイナス31.0(同11.3ポイント上昇)。モデルルーム来場者数7.7(同92.3ポイント上昇)、成約件数7.9ポイント(同81.9ポイント上昇)は、いずれも6期ぶりの増加傾向。在庫戸数はマイナス35.9(同53.9ポイント上昇)。販売価格の動向は30.0(同15.2ポイント上昇)。

 不動産流通業では、既存マンション等の売却依頼件数はマイナス13.5(同33.7ポイント上昇)、購入依頼件数はマイナス11.5(同41.3ポイント上昇)、成約件数はマイナス23.1(同44.8ポイント上昇)、取引価格はマイナス6.7(同16.9ポイント上昇)と全て上昇。

 既存戸建住宅等も、売却依頼件数がマイナス14.8(同28.8ポイント上昇)、購入依頼件数がマイナス9.3(同32.5ポイント上昇)、成約件数がマイナス28.3(同39.0ポイント上昇)、取引価格はマイナス12.0(同6.2ポイント上昇)と全て上昇した。

 ビル賃貸業については、空率の状況がマイナス26.2(同8.9ポイント上昇)と2期連続で空室が増加傾向にあるとする見方に。成約賃料動向はマイナス3.8(同3.8ポイント下落)と、28期ぶりに成約賃料が低下傾向にあるとの見方に転じた。

 3ヵ月後の経営状況見通しについては、住宅・宅地分譲業がマイナス12.9、不動産流通業(住宅地)がマイナス13.9、ビル賃貸業はマイナス20.4。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。