不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/11/20

LIXIL、個人間で荷物を受け渡しできるサービス

「あずけるボックス:もってって・もってきて」サービス

 (株)LIXILは19日、個人間で荷物や届け物を預ける・預かることができる新サービス「あずけるボックス:もってって・もってきて」を開始した。

 同社が展開する、IoT宅配ボックス「スマート宅配ポスト」を活用するサービス。友人や知人との予定が合わない場合にも、宅配ポストが荷物を一時的に預かり、スマートフォンを使って渡したり(もってって)、受け取ったり(もってきて)できる。スマートスピーカーのAmazon Alexaにも対応しており、スマートフォンだけでなく音声で通知を受け取ることも可能。

 便利で快適、安心・安全な暮らしの実現に向け、同社はIoT宅配ボックス向けクラウドサービス「あずける BOX」を展開している。今後は、同サービスを拡張し、宅配事業者、CtoC事業者、EC事業者、ハウスメーカーなど、さまざまなサービス提供者に、オープンエコシステムとしてAPIを公開していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。