不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/20

注文住宅の検討方法、住宅展示場訪問率が低下

 (株)リクルート住まいカンパニーは19日、2020年「注文住宅動向・トレンド調査」結果を発表した。

 1年以内に注文戸建てを新築・注文住宅で建て替えした人(建築者)と、今後2年以内に建築を検討している人(検討者)が調査対象。調査期間は、7月31日~8月11日。有効回答数は、建築者が1,884件、検討者が1,874件。

 建築者の建築費用の平均は、全国で2,879万円(前年比23万円減)。価格帯別にみると、「2,000万~2,500万円未満」が20.7%(同2.6ポイント低下)で最多。以下、「2,500万~3,000万円未満」が20.2%(同1.4ポイント上昇)、「3,000万~3,500万円未満」が18.8%(同0.4ポイント上昇)となった。3,000万円以上の割合は41.9%(同2.0ポイント上昇)と、ここ数年は増加傾向にある。首都圏の平均は、3,065万円(同31万円増)だった。

 建築者のうち、「新規建築」の割合は87.5%(同0.4ポイント上昇)、「建て替え」の割合は11.8%(同0.4ポイント低下)と、大きな変化は見られない。建築時の「土地なし」の割合は71.5%(同0.2ポイント上昇)と、過去5年で最高に。建築者のZEH導入率は21.8%(同1.2ポイント上昇)と増加し、過去最高の導入率となった。

 検討者が住宅を検討する方法については、「住宅展示場」訪問率と「イベント」参加率がともに低下。住宅展示場訪問が「1社もない」は27.5%(同4.2ポイント上昇)、イベント参加が「1社もない」は44.4%(同4.5ポイント上昇)と、それぞれ4ポイント以上増加している。コロナ禍をきっかけに、展示場やイベントがクローズした影響もあり、自宅等で検討を進める人が増えたと予測している。

 自宅等で行なう検討方法では、「物件資料(パンフレット・カタログ等)送付」が31.0%。「電話」(23.0%)、「担当者が自宅に来て」(21.6%)がトップ3に。「メール」(21.2%)での打ち合わせも2割以上。「チャット」(10.6%)、「画面共有機能(Zoom等)」(9.6%)も1割程度が利用。その理由は、「移動等の労力が少ない」「時間の都合がつきやすい」などの利便性を挙げる人が多かった。

 防災に関する意識について聞いたところ、検討者のうち35.6%(同3.0ポイント上昇)が「かなり意識している」と回答。実際に取り入れたい対策は、「地震に強い地盤」が70.9%(同2.0ポイント低下)とトップに。前年からの伸びが大きかったのは、「水害が起きづらい土地」で46.7%(同12.2ポイント上昇)、「蓄電池」で19.3%(同4.1ポイント上昇)だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。