不動産ニュース / その他

2020/12/7

UR、福岡・天神にまちづくりの情報発信施設

「URBANG TABLE」の施設イメージ

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は、まちづくりの情報発信・交流施設「URBANG TABLE(アーバンテーブル)」(福岡市中央区)を10日にオープンする。

 「天神ビッグバン」「博多コネクティッド」など、都市機能向上に向けた各種まちづくりプロジェクトが進行する福岡市内において、「未来のまちづくりの在り方」についてのヒントを得るのが目的。NPO福岡テンジン大学と共同で、「まちづくり」をテーマとしたイベント等を企画・運営する。まちづくりに興味のある人を広く集めることで、多様な知識・経験を持つ人々の交流を促進する場とする。

 また、施設内には地元のコーヒーショップが新業態店舗を出店するほか、施設のイベント利用を広く募ることで地域住民と地域に訪れる人の双方が利用・交流できる空間づくりを目指す。

 所在地は福岡市中央区天神4-3-30 天神ビル新館1階。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。