不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/12/7

築20年以下のマンション、宅配ボックスは標準化

 大和ライフネクスト(株)は7日、同社の総合研究所であるマンションみらい価値研究所による、分譲マンションの宅配ボックス設置率と設置検討事例の調査レポートを発表した。

 同社が管理受託するマンション3,921件のうち、宅配ボックスが設置されているのは2,775件(70.8%)。新築時から設置している物件が68.3%、後付けした物件が2.5%だった。

 築年数別に設置率を見ると、築10年以下は100%、築11~15年以下が99.0%、築16~20年以下が99.0%。築20年以下の物件に限ると、設置率は99%に上り、2000年以降は標準装備化している様子がうかがえた。築21~25年以下でも78.9%と高い一方で、築26年以上になると設置率は大幅に低下する。

 新築当初に宅配ボックスが設置されず、後の管理組合総会で宅配ボックスの新築を議案とした例は112件。そのうち98件が可決、14件が否決され、否決率は12.5%となった。否決となった14件について、否決理由を同社担当者へのヒアリング等で調査したところ、「設置費用」が9件、「在宅者が多く不便を感じない」が6件などの結果があった。

 同社では調査結果について、「ウィズコロナ下では、宅配ボックスは社会課題を解決するためのひとつの手段としてクローズアップされていく。現在は『不在者』に対する利便性が強調されているが、エントランスから専有部分までの『ラスト0.1マイル』の荷物の運搬が困難な高齢者の存在などとどうバランスを取るかが普及のカギになっていく」とした。

この記事の用語

宅配ボックス・宅配ロッカー

不在時に荷物などを受け取るための設備。配達人がロッカーに荷物を入れると鍵がかかり、荷宛人は暗証番号や認証カードを用いて受け取る。宅配ボックスは、一般に、マンションの共用部分に設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。