不動産ニュース / ハウジング

2021/1/19

受注好調で通期見通しを上方修正/タマホーム

 タマホーム(株)は18日、2021年5月期第2四半期決算(連結)の決算説明会を電話会議形式で開催した。当期(20年6月1日~11月30日)の業績については、14日のニュースを参照。

 主力の住宅事業において、ウェブ面談の活用など、行動様式の変化に応じた柔軟な対応が奏功。前期末以降、資料請求による集客数が増加したほか、展示場への来場者数も前期並みで推移した。受注においても、今冬のコロナ第3波に備え、「早期受注・早期着工・早期引渡」を目標に販促策を展開。期末時点の受注高は前年比2ケタ増の水準で推移。20年1月よりコストパフォーマンスに優れた期間限定商品を販売開始したことも受注を後押しした。

 これらの要因から、前期に発表した通期の業績見通しを上方修正。売上高2,100億円(前回予想比7.6%増)、営業利益90億円(同20.0%増)、経常利益89億円(同23.6%増)、当期純利益52億円(同30.0%増)を見込む。同社代表取締役副社長の玉木克弥氏は、「住宅事業においては、着工平準化が進んでいるほか、受注も好調な状況を維持している。感染再拡大に伴う外出自粛等による集客数減を見据え、引き続き早期受注・早期着工・早期売上の営業方針を取っていきたい」などと語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。