不動産ニュース / 開発・分譲

2021/1/20

ニューノーマルに対応する間取りプランを拡充/東急

 東急(株)は20日、住宅の間取り変更の選択肢を拡充する企画「イエナカα」を開始すると発表した。

 ニューノーマルで住まいへのニーズが大きく変化する中、同社が会員向けに実施したアンケートでは「集中できるワークスペースがほしい」、「家の中でリラックスできる工夫がほしい」といった意見が多く寄せられた。
 そこで、同企画では独自性のある間取りの選択肢を拡充。これまでの標準的な間取りに手を加え、ワークスペースや趣味・運動のための空間創出、収納スペースの拡充等を一部有償にて提案する。

 従来は標準プランと異なるスペースを追加する場合は、物件購入後にリフォームする必要があったが、同企画を採用した新築マンションでは、多様なニーズに応えるスペースを想定した間取りをメニュープラン「無償セレクト」で提供。併せてリフォーム工事なしでラックの追加やカスタムができるシステムラック(有償)を推奨することで、ライフスタイルの変化に合わせた空間の変更をしやすくしていく。

 具体的には、リビング横の1部屋を活用し、ワークスペースとリフレッシュのためのスペースを備えたプランや、玄関横の1部屋分の空間を活用し、玄関からダイレクトにアクセスできる土足OKの土間空間的収納スペースを設けたプランなどを用意する。

 2021年春から分譲マンションブランド「ドレッセ」にて同企画メニュープランを導入。また、今後計画する戸建分譲住宅ブランド「ノイエ」でも、購入後に同企画への変更ができるよう、下地等の対応を行なう予定。
 さらに既存住宅向けにも、同社が運営する「住まいと暮らしのコンシェルジュ」を窓口として、同企画で実現するリフォーム等を提案していく予定。

土間空間的収納スペース等を設けたプラン

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。