不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/12

東急不、学生レジに抗ウイルス・抗菌加工を実施

 東急不動産(株)は10日、今春開業する学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE」4物件において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、抗ウイルス・抗菌加工を実施すると発表した。

 共有部の壁などに、抗ウイルス・抗菌・消臭効果のある「ハイブリット触媒ラーフエイド施工」を行なう。長期間にわたり空気中の酸素と反応して定着部の清浄度を保つことができるため、適宜の消毒作業が難しい壁に施工することで、接触や飛沫不着が原因となる感染症リスクの低減が期待できる。

 新型コロナウイルス感染症の原因である新型コロナウイルスと遺伝学的特徴が同じ別のウイルスを用いた実験では、99.9%のウイルスが不活性化することが確認されている。

 新規4物件は「多摩センター」(東京都多摩市、総室数215室)、「赤塚新町」(東京都板橋区、総室数127室)、「元住吉テラス」(神奈川県川崎市、総室数97室)、「京都下鴨東」(京都市左京区、総室数81室)。いずれも3月に入居を開始する予定。

 なお、首都圏の物件においては、エントランスに検温器、食堂にパーテーション、エレベーターに除菌装置を設置する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。