不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/15

東急、シェアオフィスバスを実証運行

シェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」
テレワークがしやすいよう、パソコンの利用をサポートするグッズを貸し出す

 東急グループは16日、新しい生活様式に適合する移動・就労サービスの開発を目的とした新サービス実証実験「DENTO」の一環で、シェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」の実証運行を開始する。

 「DENTO」はテレワークの普及による移動や働き方の変化を踏まえ、自由で豊かな東急線沿線での働き方の実現を目指し、「快適な都心通勤を実現する移動サービス」「自宅周辺で快適に楽しくテレワークできる就労環境の提供」「移動目的および体験価値の提供」を柱とした新サービスの実証実験を行なう取り組み。1月13日~4月28日の約3ヵ月の期間で実施する。

 シェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」は、東急バス(株)が提供する。バス車内で仕事をしながら目的地まで過ごす「動くシェアオフィス」をコンセプトとしたサービス。平日、出勤時間帯に東急バス「新羽営業所」(横浜市港北区)から「東京」駅行き、退勤時間帯に「東京」駅から「新羽営業所」行きのバスを各1本ずつ運航する。途中停車駅は「市が尾」駅、「たまプラーザ」駅、「渋谷」駅。
 出勤時は始業開始時刻に、退勤時は終業の少し前からバスに乗り込み、車内でも勤務をすることで、朝の時間、終業後の時間にゆとりをつくる働き方を提案。出勤時は「新羽営業所」を8時20分に出発、退勤時は「東京」駅を16時25分に出発するスケジュールで運行する。乗車時間は、始発から終点までで1時間25分程度。

 車両は4列シート、38人定員、化粧室完備。快適にテレワークができるよう、フリーWi-Fi、USB充電ポートを提供する。座席に備付けのデスクではパソコンの操作がしにくいことから、Yogiboを展開する(株)ウェブシャークの「Traybo2.0」を無償でレンタルする。クッションとトレーが合体した商品で、足の上に載せると、その上で安定してパソコンを操作できる。

 バスの利用は事前予約制。チケットは日付指定がなく、購入後好きなタイミングで利用できる。販売は、「DENTO」LINE公式アカウントおよび高速バス予約サイト「発車オーライ」で行なう。運賃は「たまプラーザ」駅から「渋谷」駅までで1,000円。東急線通勤定期を購入し、DENTOサービスに登録しているユーザーは100円引き。実証実験は4月28日まで。

 15日、「たまプラーザ」駅から「渋谷」駅までメディア向けの試乗会を実施。利用者モデルとして、港区で働く男性会社員も同乗し、乗車中にパソコンで仕事をした。男性は、「電車通勤と異なり、時間を忘れるほど仕事に集中できた。『たまプラーザ』駅のような乗降者数の多い駅だけでなく、自宅の最寄駅からもバスに乗れるようになれば、より積極的に利用したいと感じた」と語った。

 なお、東急は「現在、30件ほど予約を受けている。DENTOの公式ラインはリリースから約1ヵ月で友達登録が1万3,000件となり、想像以上の反響を受けている。各サービスについても今後積極的に広報し、利用促進につなげたい」とコメントしている。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。