不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/22

都内2ヵ所でホテルをオフィスにコンバージョン

「GLEAMS AKIHABARA」外観イメージ

 (株)サンケイビルと(株)リアルゲイトは22日、ホテルをコンバージョンしたオフィス「GLEAMS AKIHABARA(グリームスアキハバラ)」(東京都千代田区)と「GLEAMS NIHONBASHI(グリームスニホンバシ)」(東京都中央区)を、3月にオープンすると発表した。

 サンケイビルが展開するゲストハウス型ホテル&ホステル「GRIDS(グリッズ)」シリーズだった2棟を、クリエイティブオフィスへコンバージョンしたもの。

 専有区画は、シャワーブースを備えるホテルの客室を生かした「LIVING STYLE OFFICE」(広さ19.65~58.20平方メートル)、水回りを含めて1フロアを専用できる「MIDDLE OFFICE」など、複数のプランを用意。
 各施設の1階には、施設入居者とゲストだけが利用できる共用ラウンジと予約制会議室を配置。カフェドリンク、健康面が配慮された「完全栄養パン」等の軽食を特別価格で提供する。社内のショートミーティングやPC作業のほか、ゲストの待合スペース・商談等にも利用が可能。
 また、「GLEAMS AKIHABARA」の屋上は、リラックス空間として、スカイテラスにリノベーション。1階ラウンジとの使い分けにより、社内ミーティングやリフレッシュ、ランチスペースとして利用できる。入居者による貸切利用も可能。

 「GLEAMS AKIHABARA」は、東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅徒歩6分に立地。鉄骨鉄筋コンクリート造地上8階建て、延床面積998.30平方メートル。区画面積は19.65~119.99平方メートル。月額賃料は11万9,000円~(税・水光熱費別)。
 「GLEAMS NIHONBASHI」は、都営新宿線「馬喰横山」駅徒歩2分に立地。鉄骨鉄筋コンクリート造地上8階建て、延床面積963.38平方メートル。区画面積は17.31~119.45平方メートル。月額賃料は13万1,000円~(税・水光熱費別)。

「GLEAMS NIHONBASHI」外観イメージ

この記事の用語

シェアオフィス

業務空間を共有して利用する事務所。シェアオフィスは和製英語で、英語ではshared (シェアド オフィス)officeという。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。