不動産ニュース / その他

2021/2/24

柏の葉で安心・安全なオフィスの実証実験

 三井不動産(株)は24日、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)で、安心・安全なオフィス空間を実現するための実証実験を開始した。

 同社が幹事企業を務め、IoTの普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」におけるスマートオフィス・ワーキンググループの初の取り組み。柏の葉スマートシティのイノベーション創出拠点「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」の執務空間内へ、コワーキングオフィスの換気状況や在席状況、トイレの空き状況の可視化、体温・マスクの着用検知システムを導入する。

 センスウェイ(株)が提供するIoTプラットフォームサービス「SenseWay Mssion Connect」とクラウドコンピューティングサービス「Microsoft Azure」を活用し、1台のIoTゲートウェイで複数フロアをカバー。センサーを通じて集めたさまざまなデータを一つのクラウドサービス上で一元的に管理、閲覧できるようにした。

  換気状況については、室内の二酸化炭素濃度を計測して濃度ごとに色別に表示。適切な換気タイミングを可視化する。コワーキングオフィスの座席利用状況や会議室の空き状況は、KOILの1階入り口と6階KOILパークに設置したデジタルサイネージに表示し、リアルタイムで確認できるようにする。トイレ個室ドアに設置した人感センターがトイレの空きを認識し、データをクラウドに集約。デジタルサイネージに表示し可視化する。サーモカメラが入館者の体温・マスク着用を検知。設置する施設の特性によってはマスク非着用の場合や高熱体温の場合にはアラートを発信することも可能とした。

 同プロジェクトでは、三井不動産はフィールドとなるKOILでの実証実験環境の提供と現場での実現サポートを担い、センスウェイは、センサーとネットワークを組み合わせたIoTソリューションを提供する。これにより、両社が参画企業となっている柏の葉IoTビジネス共創ラボとしての活動を加速していく考え。

KOIL IoT総合管理システムのイメージ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!