不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/24

「新さっぽろ」駅の大規模複合PJ、大学等が竣工

 大和ハウス工業(株)は23日、大規模複合開発プロジェクト「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」(札幌市厚別区)のG街区が竣工したと発表。併せてI街区の第1工区・第3工区の概要を決定した。

 同プロジェクトは、同社および6者(大和リース(株)、医療法人新さっぽろ脳神経外科病院、医療法人新札幌整形外科病院、社会医療法人交雄会メディカル記念塔病院、学校法人札幌学院大学、学校法人滋慶学院札幌看護医療専門学校)がコンソーシアムを組み開発を進めている「市営住宅下野幌団地」跡地の再開発。大学等の教育機関(G街区)と分譲マンション・ホテル・商業施設・医療施設(I街区)に分け開発するもので、開発総敷地面積は、一部借地を含む約5万5,700平方メートル。総事業費は約500億円。

 「G街区」に竣工した札幌学院大学には、経済経営学部と大学院地域社会マネジメント研究科、2022年には心理学部、大学院臨床心理学科、心理臨床センターが移転する予定。また、滋慶学院札幌看護医療専門学校は看護学科、視能訓練士学科、歯科衛生士学科等が21年4月に開設する予定で、両校は学術交流協定を締結しており、地域を結ぶ産学連携を推進していく。

 「I街区」には分譲マンション「プレミストタワー新さっぽろ」(総戸数220戸、鉄筋コンクリート造地上30階建て)やホテル、商業施設、供用駐車場の他、医療施設4棟を建設し、隣接する「子育て支援施設」と併せて同エリアに新しい都市機能を充実させていく。JR「新札幌」駅とI街区の各施設を屋内空中歩廊「アクティブリンク」でつなぎ、季節や天気に左右されない歩行動線を確保。さらに公園「アクティブガーデン」を設けるほか、低炭素で災害に強い街を目指す「エネルギーセンター」を設置し、街区全体に電気と熱エネルギーを供給していく。

 「プレミストタワー新さっぽろ」は23年5月竣工、ホテル・商業施設は同年度中に開業予定。

「I街区」の全体イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。