不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/2/26

コロナ禍が直撃、大幅な減収減益/JHR12月期

 ジャパン・ホテル・リート投資法人(JHR)は25日、2020年12月期決算を発表した。

 当期(20年1月1日~12月31日)は営業収益138億3,800万円(前期比51.1%減)、営業利益31億7,600万円(同81.5%減)、経常利益13億9,800万円(同90.9%減)、当期純利益15億2,700万円(同90.0%減)となった。1口当たり分配金は410円(同3,280円減)。

 新型コロナウイルス感染症の拡大による経済活動抑制の影響で、訪日外国人および国内宿泊の需要が減少。同投資法人が保有するホテルのすべてで業績が悪化した。期中より、各ホテルの賃借人やオペレーターと連携しながら、運営コストを削減。8月にはグループ会社である(株)ホテルマネージメントジャパン(HMJ)グループとの間で定期建物賃貸借契約を締結、同グループが運用する各ホテルの固定賃料を20年2月~21年末の期間免除した。運用費用や一般管理費などについても抜本的に見直し、コスト削減を図った。

 また、「相鉄フレッサイン新橋烏森口」を譲渡。期末の保有物件は42物件・取得価格合計は3,700億3,100万円となった。

 次期(21年12月期)の運用状況は、営業収益139億2,000万円、営業利益27億5,000万円、経常利益8億7,900万円、当期純利益8億7,700万円と引き続き減益を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。