不動産ニュース / その他

2021/3/18

西武プロパティーズ、所沢の遊休地で貸農園事業

「Emi Farm」のイメージスケッチ

 (株)西武プロパティーズは、西武グループの遊休地を活用した貸農園「Emi Farm(エミファーム)」の貸し出しを29日に開始する。

 「3密」にならないアウトドア需要や、近場でのレジャー志向の高まりといった、コロナ禍による価値観・行動の変容を受けて事業化を決めた。計画地は埼玉県所沢市内に所在する西武鉄道(株)が保有する遊休地。西武新宿線「新所沢」駅より車で約10分、最寄りのバス停から徒歩8分、区画数は51区画で、1区画当たりの面積は10平方メートルから。利用料は1区画当たり月額3,850円もしくは年額3万3,000円(いずれも税込み)。

 農地の管理や整備は西武アグリ(株)。施設内に利用者が自由に使えるオープンスペースを設け、農業・園芸イベントを随時実施していく。契約・募集については(株)マイファームが運営する農業関連のシェアリングサービス「ハタムスビ」の貸農園サービスを利用し、インターネット上で契約・支払いの手続きを完結する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。