不動産ニュース / 開発・分譲

2021/3/24

渋谷で3種のラウンジのあるソーシャルアパートメント

8平方メートルの居室
ソーシャルアパートメントシリーズ初となる個室のワークスペースを開設した

 (株)グローバルエージェンツは、ソーシャルアパートメント「NEIGHBORS(ネイバーズ)渋谷神山町」(東京都渋谷区、総戸数57戸)を27日に開業する。シリーズ47弾目。

 JR山手線「渋谷」駅徒歩10分、東京メトロ千代田線「代々木公園」駅および小田急電鉄小田原線「代々木八幡」駅徒歩8分に立地。鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て。企業の社員寮であった2013年築の物件を取得し、リノベーションした。居室は、専有面積8~13平方メートルの全室1ベッドルームタイプ。間取りは従前のままとし、内装を刷新。エアコンと、デスクとしても利用できる可動式の棚を設備した。

 従前は会議室等であったスペースを活用し、共用施設として「ダイニングラウンジ」、「リラックスラウンジ」、「ワークキングラウンジ」を開設。

 ダイニングラウンジは、バーカウンター風のハイテーブル、大人数で座れるダイニングテーブル、アールの垂れ壁で仕切った半個室スペースなどさまざまなスペースで構成し、気分に合わせて居場所を選択できるようにしている。IHクッキングヒーターを複数備えた大型のキッチンを導入。調理家電、食器、共用の冷蔵庫、ユーザーごとの調味料ボックスも備えた。

 リラックスラウンジは大型のプロジェクターを用意し、ローソファでは横になって映画を楽しめる。

 ワークラウンジは、パソコンと資料を同時に広げられるデスクを用意した1人用のボックスシートを3席設置。新型コロナウイルス感染症拡大によりテレワーク需要が増加していることを受け、ソーシャルアパートメントシリーズ初となる完全個室のワークスペースも1室用意した。

 なお、テレワーク需要を意識し、すべてのラウンジにおいて通常よりコンセントを増やす等の工夫をしている。

 月額賃料は2年契約の場合8万2,000円~12万3,000円で、周辺相場(1K)と比較し、同等もしくはリーズナブルな水準。20年12月下旬に同社サイトで入居者の募集を開始し、現時点で40室以上の入居者が決定している。20代後半の社会人が中心で、約半数が渋谷エリア勤務。内覧に訪れたユーザーからはワーキングラウンジへの反響が大きく、成約者の約7割程度がリモートワークの実施者だという。

ダイニングラウンジ
リラックスラウンジ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。