不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/6

日鉄興和不、学生マンション開発事業に参入

「リビオセゾン亀有」イメージ

 日鉄興和不動産(株)は6日、学生マンション開発事業への新規参入を発表。ブランド名を「LIVIO SAISON(リビオセゾン)」として展開していく。

 第1弾となる「リビオセゾン亀有」(東京都葛飾区、総戸数98戸)と第2弾「リビオセゾン笹塚」(東京都杉並区、総戸数80戸)は2022年春に竣工・運用開始する予定。

 学生マンション事業への新規参入に当たり、17年より立ち上げたシングルライフのための暮らし・住まいの研究所「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」との連携を強化。ミレニアル世代以降の学生の価値観を調査するワークショップを開催し、現役世代のリアルな声を「リビオセゾン」に反映した。

 20年9月開催のワークショップには、28名の学生が参加。「WITHコロナにおける共用部(食堂)のあり方について」や「50平方メートル弱の共用空間に何が欲しいか」をテーマにディスカッションを実施したところ、食堂については「(感染対策をしっかりした上で)おしゃれなカフェ・バーのような空間」や「共同作業等、フレキシブルな使い方ができると良い」というコメントが寄せられたため、「リビオセゾン亀有」では、ファッションブランド“niko and…”によるデザイン監修やシェアキッチンスペース間の可動間仕切り等を採用した。

 「共用空間にほしいもの」については、「リアルで交流できる広い空間」や「地べたに座って肩ひじ張らずに交流」等の声があったため、「リビオセゾン笹塚」では共用部に人工芝の空間を設け、大型モニターを設置するなどした。

 「リビオセゾン亀有」は、JR常磐線「亀有」駅徒歩11分。想定賃料は7万4,500~8万4,000円(21年4月時点)。「リビオセゾン笹塚」は、京王線・都営新宿線「笹塚」駅徒歩11分・京王線「代田橋」駅徒歩11分。想定賃料は8万5,500~9万2,500円(同)。いずれも運営は(株)学生情報センターに委託する。

「リビオセゾン笹塚」イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。