不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/4/21

修繕費用等も掲載する空き家流通サイト/FANTAS

 FANTAS technology(株)は21日、空き家の流通を支援するプラットフォームサービス「FANTAS repro(ファンタス リプロ)」の提供を開始した。

 空き家や築年数が経過した既存住宅は、修繕箇所や必要な修繕が分からないため入居できるようになるまでの期間や総費用等がはっきりしないケースが多い。購入後に想定外の修繕費用が発生してトラブルになることもあり、購入者が敬遠する要因となっている。不動産会社にとっても、手間がかかる上にクレームを受けるリスクが高く、価格の低さから収益性が低いことがネックとなり積極的に取り扱う事業者が増えないという課題がある。

 こうした売買阻害要因の解消のため、同サービスでは、物件価格以外に必要となる費用などの情報も発信し、流通促進につなげていく。必要な修繕箇所を物件情報と併せて掲載。理想の暮らしを実現するためのリフォームプランも提供し、その費用も即時算出。住まいとして利用するための総費用を見える化する。

 サービス提供エリアは首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)。2021年末より全国展開を計画しており、それまでにリノベーション会社や金融機関への依頼までワンストップで実現するための機能や、リモートワークに合わせた郊外への移住や二拠点生活に合わせた物件検索機能も実装していく計画。今後は、金融機関やリフォーム事業者と連携し、物件探しから購入、リフォームまでを一気通貫で支援できるマッチングプラットフォームとする計画。

 現在、30社近くの不動産会社が参加を表明しており、1年間で250社の参加を見込んでいる。代表取締役の國師康平氏は、「『ファンタス リプロ』というプラットフォームのサービスを活用して、空き家問題の解決に寄与していきたい」と述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。