不動産ニュース / その他

2021/5/11

日本橋問屋街の活性化へ遊休不動産活用

 (株)エンジョイワークスは11日、横山町馬喰町街づくり(株)および(独)都市再生機構と協業し、遊休不動産を活用した東京・日本橋横山町と馬喰町のエリア活性化を目指す「日本橋横山町・馬喰町エリア参画推進プログラム」を実施すると発表した。

 同プログラムは、(独)都市再生機構の「東京都中央区北部における人材育成プラットフォーム構築・検討等業務」に同社が選定されて実施するもの。日本を代表する問屋街である同エリアでは、時代の変遷による商環境の変化により、かつての商品展示スペースなど、遊休不動産やスペースが多く残っている。一方で、民間のマンション開発などが進み、エリアの特色・文化継承も課題として認識されていた。

 そこで、遊休不動産を活用して新たな事業チャレンジを行なう事業者を発掘してサポート、エリア全体を活性化していく。エリア活性化に向けたアイディアを持つ事業者を公募し、専門家による個別アドバイスや現地での実証実験の機会を提供。実現性と継続性の高い事業に結びつけ、地域全体の活性化、エリアリノベーションにつなげる。

 募集要項および詳細については同プログラムのサイトを参照。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。