不動産ニュース / 開発・分譲

2021/5/27

鷺沼に48棟目のソーシャルアパートメント

約120平方メートルのダイニングラウンジには、キッチンカウンター、ソファ、ダイニングテーブルなどを備えている
居室は1ベッドルームタイプで、収納スペース付き

 (株)グローバルエージェンツは27日、48棟目となるソーシャルアパートメント「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」(川崎市宮前区、総戸数60戸)の開業にあたり、プレス向け内覧会を開催した。開業は29日。

 東急田園都市線「鷺沼」駅徒歩8分に位置。鉄筋コンクリート造地上3階建て。企業の社員寮だった1991年築の物件を取得し、リノベーションした。間取りは従前のままとし、床や壁を張り替えるなど、内装を刷新している。居室は13.5~14.2平方メートル、全室1ベッドルームタイプ。収納スペースを備え付け、全居室ベランダ付き。

 同物件は、「暮らす」「働く」をシームレスにつなぐことをコンセプトに設計。従前の食堂、管理人室、大浴場を活用した3つの共用施設(ラウンジ)には、すべてワークスペースを設け「働く」要素を織り交ぜている。
 バスタブ付きの風呂場を2ヵ所に設置したほか、2、3階に男女別のシャワーブースを3つずつ用意。ランドリーも2、3階にそれぞれ設け、ドラム式洗濯乾燥機を5台ずつ設置した。

 約120平方メートルのダイニングラウンジには、調理や食事を楽しめるキッチンカウンター、テレビを見ながらくつろげるソファやダイニングテーブルを設け、入居者間でコミュニケーションを楽しむ空間に。IHクッキングヒーター、調理家電、食器、入居者ごとの調味料ボックスなども備えた。どの席でも仕事ができるよう、各席にコンセントを配置している。
 コーヒーコーナー付き・約60平方メートルのラウンジは、1人利用席を多く用意し、集中して仕事ができる空間とした。2ヵ所に設置したフォンブースは、Web会議にも対応可能。
 ひな壇に配置した座席を設けたラウンジには、120インチのプロジェクターを設置。映画やスポーツ観戦を楽しんだり、リラックスしながら仕事に取り組むスペースとしても利用できる。

 月額賃料は、5万7,000~7万5,000円(最多賃料帯6万6,000円)。周辺相場(1K)と比較し、平均して1万円ほど低い賃料設定となっている。完成前内覧会を3回行なっており、すでに45戸が契約済み。平均年齢は29歳、男女比4:6、IT系を中心に多種多様な職種の入居者層となっている。なお、内覧会参加者にアンケートを実施したところ、全体の約9割が日常~定期的にリモートワークを行なっていることが分かった。

1人利用席を多く用意し、プライバシーに配慮したラウンジ。2ヵ所にフォンブースも設置している
120インチのプロジェクターを備えたラウンジ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リモートワーク

従業員が、情報システムを利用して自宅など職場以外の場所で勤務すること。英語のremote working(リモート ワーキング)である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。