不動産ニュース / 団体・グループ

2021/6/15

神奈川宅協、会員従業員対象に職域接種

神奈川県宅協の草間時彦会長(写真左)と、職域接種に協力する神奈川県歯科医師会の松井克之会長(同右)

 (公社)神奈川県宅地建物取引業協会は、会員会社従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの職域接種の実施を決めた。

 協会本部を接種会場として、会員事業者の従業員や協会職員のうち未接種の約3,000人を対象と想定する。医療従事者については、(公社)神奈川県歯科医師会の全面的な協力を得ることで合意した。

 6月下旬から受け付けをスタート。7月上旬から8月下旬にかけて接種を行なう予定。全国の宅建協会のうち、職域接種の実施を決めたのは初めてだという。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。