不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/18

大名古屋ビルで合同職域接種/三菱地所

 三菱地所(株)は18日、大名古屋ビルヂング(名古屋市中村区)において新型コロナウイルスワクチン合同職域接種を実施すると発表した。

 職域接種実施の政府基準である1,000人に満たないテナントが大半を占める大名古屋ビルヂングにおいて、各社からの要望に対応すると共に、中部エリア常駐の同社グループ社員の職域接種を促進する。

 同ビル8階にて会場を提供し、9階の医療モールと連携して政府より配布されるモデルナ製のワクチンを使用する。対象は同ビルのオフィス就業者、商業店舗スタッフ、ビル運営スタッフなど約6,000人。実施期間は7月初旬~9月初旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。