不動産ニュース / その他

2021/6/25

質の高いリフォーム事業者を育成/JERCO

「『ジェルコビジョン2030』の推進に取り組む」と話す盛会長

 (一社)日本住宅リフォーム産業協会(JERCO)は24日、第13期定時総会を開催。2021年度の事業計画を決定した。

 今年度は、30年を見据えたビジョン・指針として2年前に策定した「ジェルコビジョン2030」を推進。(1)専門性と学び、(2)多様性ある交流、(3)組織強化の3本の柱を軸に、「質の高いリフォーム事業者」として存在することを目指す。

 (1)では、オンラインを活用した研修会やセミナーの実施等により、質の高いリフォーム事業者を育成。また、「SDGs推進プロジェクト」を立ち上げ、目標達成のためにできることを考え、行動していく。(2)については、全国8支部でリアルセミナーを実施する一方、状況に合わせてオンラインによる活動も進める。女性活躍推進のため設立した「ジェルこまち」の活動にも注力。オンライン、リアルを併用した女性交流会の実施、認知促進、会員会社への浸透を図っていく。(3)では、本部・支部事務局機能と組織体制の強化、正確な情報収集・情報発信・状況共有できる仕組みの構築等により、社会環境の変化に対応した組織づくりを目指す。

 活動・取り組みの発信力も強化。29回目となるリフォームコンテストについては、リアルとZoom中継の実施を予定している。ホームページワーキンググループも設置し、会員交流を活性させるホームページの管理・運営を行なっていく。

 同日会見した同協会会長の盛 静男氏は、「コロナ禍の影響により生活者のニーズが多様化している中、われわれには質の高い技術や専門知識がますます求められる。全会員のボトムアップを図り、10年後も感謝される質の高いリフォームの実現を目指す」などと話した。また、人手不足の問題にも触れ「当協会の調査によると、アフターコロナで経営上最も問題となるのが『現場職人の不足・高齢化』(66%)だった。人手不足は業界全体の課題。優秀な人材が集まる魅力的な業界となるよう取り組んでいきたい」とした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。