不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/1

自由が丘の億ション、1期20戸に登録申し込み

「ザ・パークハウス 自由が丘ディアナガーデン」完成予想図

 三菱地所レジデンス(株)は1日、(株)モリモトと共同開発中の分譲マンション「ザ・パークハウス 自由が丘ディアナガーデン」(東京都目黒区、総戸数44戸(うち募集対象外住戸12戸))の1期20戸を6月20日に抽選し、全戸に登録申し込みが入ったと発表した。

 同物件は、東急東横線・大井町線「自由が丘」駅徒歩9分、第一種低層住居専用地域の南傾斜の高台に立地。敷地面積3,619.27平方メートル、鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建て。建設地は、イヌ・オオカミ研究の第一人者として知られる故・平岩米吉氏の住居と研究拠点のあった屋敷跡地。その環境を生かすべく、敷地周囲に植栽帯、南面にも緑地と公開広場を整備し、従前の植物や地域の在来種により敷地の25%を緑地化。既存樹木も保存・移植した。

 住戸は、1LDK+S(納戸)~3LDK、専有面積74~175平方メートルで平均100平方メートル超。最上階には130~175平方メートル台の大型の3LDK住戸も用意した。

 2021年3月末~6月20日のエントリー数は2,347件。4月10日からのモデルルーム来場者数は428件。1期は、1LDK+S~3LDK、専有面積74~138平方メートル。価格は1億1,800万~2億9,700万円。最多価格帯1億1,000万円台、1億4,000万円台、2億2,000万円台。平均価格1億8,795万円。登録申し込み数は44件。最高6倍、平均2.2倍だった。

 居住地は、目黒区が23%、世田谷区14%。年齢層は、30歳代から70歳代までと幅広く、40歳代が最多。職業は、会社役員と自営業が28%、会社員が26%、医師が16%。目黒区自由が丘アドレスの一種低層住居専用地域というロケーション、1,000坪超の広大な敷地、豊かな植栽計画などが評価された。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。