不動産ニュース / 仲介・管理

2021/7/8

日本橋で“インクルーシブ”なまちづくり/三井不

 三井不動産(株)は、東京・日本橋において、インクルーシブな取り組みを加速させ、すべての人々が安全・安心に訪れて楽しめるまちづくりを進める。

 「インクルーシブ」とは、あらゆる人が孤立せず、社会の一員として支え合う社会政策の理念。大規模屋内を対象とした高精度音声ナビゲーション・システム「インクルーシブ・ナビ」の導入エリアを、商業施設から商業施設間を移動するときに通行する地下歩道にまで拡張する。拡張後のサービス提供面積は3万5,000平方メートル。AIを駆使した高精度ナビゲーションにより、車いす利用者にはエレベーターでのルートを案内するなど、利用者に応じて目的地までの最適ルートをアプリで案内する。4ヵ国語(日、英、中、韓)による案内や自動再探索機能も搭載しており、車いす利用者や視覚障害者、外国人も安心して過ごせる環境を整備する。

 15日からは、コレド室町1地下1階の日本橋案内所にて、ベビーカーのレンタルサービスをスタートする。JRの駅を中心に展開する「ベビカル」と提携して取り組む。ベビーカーレンタルは事前予約ができるほか、施設の外に持ち出すことも可能。利用時間は最短1時間から最大7日間。

 さらに日本ライフサイエンスビルディング3の1階の「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーン バージョンベータ)」では、22日より一般向け営業を開始する。同カフェは、重度の障害などで外出困難な方が分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」などを遠隔操作して接客を行なう常設実験店。遠隔操作を行なうパイロットが来店客との会話を進めながら淹れたてのコーヒーを提供する。食事支援が必要な人には、調理器具貸し出しなどを行なう。

 三井不動産では、今後もインクルーシブなまちの実現を促進させる考え。

インクルーシブ・ナビ利用の様子
「分身ロボットカフェDAWN ver.β」

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。